本文へ移動

会社案内

会社案内

ごあいさつ

代表取締役社長の写真
いつも朗らか先ず健康! 明るく楽しく安全に!!
当社は、工場や産業建設用機械に張り巡らされている様々なホース・パイプ、そしてそれらを繋ぐ(継ぐ)継手等、油圧配管部品を製造するメーカーです。このような配管部品は、私たちの暮らしを支え、そして「継ぐ」重要なパーツです。

創業者の想いである「まず健康、企業は人なり」をベースに、当社はさらなる安全と品質をたゆまなく追求し、私たちの製品でお客様はもちろん、社員やその家族も健康で幸せになれる会社を目指しています。
同時に、時代の変化に柔軟に対応し、社員が自ら気付き考え行動し、失敗を恐れず新しいことに果敢に挑戦していく会社も目指しています。

冨士高圧フレキシブルホース株式会社
代表取締役社長 藤井 康司

企業理念

冨士高圧フレキシブルホース株式会社の外観
ユーザーから最初に選ばれる企業を目指す。
よい製品、すぐれた社員で市場変化に対応できる企業力を構築し、国際化に対応できる企業を目指し、社会に貢献する。

品質方針

品質マネジメントシステム「ISO9001」の認証を受けて、よい品質の製品・サービスを継続的にお客様に提供するため、業務のすべてのプロセスにおいて継続的改善に加えて、顧客満足の向上をも目指す仕組みを構築します。

顧客重視(ISO9001)

当社は経営理念として『顧客重視』を第一にかかげ、よい製品とサービスを提供することによって、お客様に満足を頂き、さらに社会に貢献するため、次の事項を重点に実行することで、品質マネジメントシステムの要求事項を満たす品質方針とします。

  1. 日々の市場変化に対応できる品質向上に努め、顧客認識を常に共に向上する。
  2. 関連法規を遵守し、常に社会的責任を果たす。
  3. 品質方針に沿った品質活動を設定し、全員参加で目標達成を目指し活動する。

環境・労働安全衛生方針

JISQ14001:2015(ISO14001:2015)

基本理念

当社は自然豊かな環境に恵まれた光市にあります。社員全員が環境の大切さを認識し、地球環境に対する問題を軽減し、美しい地球づくりに努め社会に貢献します。
また、社内においては労働災害と職業性疾病の予防、安全で働きやすい快適な職場環境を築くことを目的として、労働安全衛生活動の推進を図ります。

基本方針

  1. 私たちは、基本理念を実現し、環境保全活動と労働安全衛生活動を推進させるためのマネジメントシステムを構築し、このシステムを定期的に見直し継続的改善を図ります。
  2. 私たちの事業活動が環境に与える影響を的確に捉え、省資源化を推進します。また、地球環境に対する負担を軽減するため、技術的、経済的に可能な範囲で目的、目標を設定し環境保護活動を推進します。労働安全衛生においては作業における危険源を明確にして、それに伴うリスクの軽減や作業環境の向上を図ります。これら活動内容を定期的に見直し継続的改善を図ります。
  3. 私たちは、環境関連、労働安全衛生関連の法規制や当社が同意したその他の要求事項を遵守します。

当社の管理の下で働くすべての人に継続して環境・安全衛生教育を行い、各個人のスキルアップを図ります。この方針は定期的に見直すとともに、利害関係者からの要求に応じて提供します。

会社概要

会社

商号
冨士高圧フレキシブルホース株式会社
所在地
〒743-0063 山口県光市島田6丁目2番20号
TEL
0833-71-1550
FAX番号
0833-71-1585
創業
昭和22年(1947年)
資本金
4800万円
役員
代表取締役社長 藤井 康司
代表取締役専務 藤井 淳
取締役 中村 勝宏
取締役 石井 周作
取締役相談役 藤井 勝
取締役相談役 藤井 佑三
取締役相談役 藤井 稔
監査役 武田 守平
会計参与 松本 利幸
従業員
153名(令和4年4月1日現在)
売上高
69億円(2021年12月31日決算実績)
取引銀行
西京銀行 光支店
山口銀行 光支店
みずほ銀行 徳山支店
三菱UFJ銀行 徳山支店
協力会社
国内:35社
海外:8社
技術認定工場
横浜ゴム株式会社
メイジフレックスホース加工認定工場
資格
品質マネジメントシステム(ISO9001-2015)
環境マネジメントシステム(ISO14001-2015)
航空宇宙 発電機周辺配管用ステンレス継手部品の機械加工(JIS Q 9100-2016)
ホースアセンブリ
日本海事協会(NK)
ビューローベリタス(BV-ModeII)
日本ホース金具工業会
加盟団体
日本ホース金具工業会
海外生産拠点
中国合弁会社 無錫水登機械有限公司
タイ技術供与会社
表彰
昭和48年 労働安全進歩賞
昭和52年 労働安全功労賞
昭和52年 ラジオ体操全国優良賞
昭和53年 国民安全功労賞
昭和56年 労働災害第5種無災害達成表彰
昭和57年 第16回社団法人中小企業研究センター賞(現「グッドカンパニー大賞」)・地区表彰
平成8年 全国交通安全功労賞銀賞
平成9年 労働安全優良事業所全国表彰
平成29年 全国危険物安全協会理事長表彰

組織図

組織図

沿革

昭和22年
山口県光市に藤井ブレーキ製作所として藤井 軒逸が会社創設
昭和30年
有限会社として冨士フレキシブルパイプ製作所に社名変更
昭和36年1月
資本金200万円にて冨士高圧フレキシブルホース株式会社を設立
昭和42年4月
横浜ゴム株式会社のホース製造認定工場となる
昭和46年8月
事業拡大に伴い、新工場を現在地の山口県光市島田6丁目2番20号に移転
昭和48年7月
横浜エイロクイップ株式会社のホース製造認定工場となる
昭和49年7月
資本金4800万円に増資
昭和63年2月
創業者 藤井 軒逸 会長に就任
藤井 逸夫 社長に就任
平成元年4月
厚生会館を建設
平成2年11月
工作機械工場を増設
平成4年7月
本館管理棟を増設
平成7年2月
藤井 勝 社長に就任
平成8年5月
タイ国、トンチャイ社と高圧パイプの生産技術供与をする
平成8年6月
横浜ハイデックス社のホース製造認定工場となる
平成9年2月
タイ国、トンチャイ社と高圧パイプの生産開始
平成15年9月
品質マネジメントシステムISO9001認証取得
平成16年10月
中国無錫水登社設立の資本参加
平成18年12月
ホース組立専用工場を建設
平成20年2月
藤井 勝 会長に就任
藤井 佑三 社長に就任
平成21年6月
中国四川成都成工工程に高圧パイプ生産技術指導
平成24年2月
環境マネジメントシステムISO14001認証取得
平成28年9月
インドIAI社と高圧パイプの生産技術供与をする
令和2年12月
藤井 康司 社長に就任
令和3年1月
航空宇宙 JIS Q 9100認証取得

主な取引先(敬称略)

  • 株式会社IHI
  • 株式会社IHI機械システム
  • 株式会社KATO HICOM
  • 株式会社アイチコーポレーション
  • 株式会社相浦機械
  • イートン株式会社
  • 井関農機株式会社
  • 出光興産株式会社
  • 川崎重工業株式会社
  • カーゴテック・ジャパン株式会社
  • カヤバシステムマシナリー株式会社
  • キャタピラージャパン合同会社
  • 株式会社共立機械製作所
  • 株式会社クボタ
  • KYB株式会社
  • 株式会社神戸製鋼所
  • コベルコ建機株式会社
  • コベルコ建機エンジニアリング株式会社
  • 株式会社小松製作所
  • JFEスチール株式会社
  • ジャパンマリンユナイテッド株式会社
  • 株式会社JALエアテック
  • 神鋼造機株式会社
  • シンフォニアテクノロジー株式会社
  • 日本製鉄株式会社
  • 日鉄ステンレス株式会社
  • 住友化学株式会社
  • 住友建機製造株式会社
  • 住友重機械工業株式会社
  • 全日空モーターサービス株式会社
  • 双日エアロスペース株式会社
  • 大晃機械工業株式会社
  • 株式会社ダイセル
  • 株式会社竹内製作所
  • 武田薬品工業株式会社
  • 東京計器株式会社
  • 株式会社東洋空機製作所
  • 東洋鋼鈑株式会社
  • 株式会社トクヤマ
  • THONGCHAI INDUSTRIES CO.,LTD.
  • 株式会社日本製鋼所
  • 東ソー株式会社
  • 日立建機株式会社
  • 株式会社日立製作所
  • 株式会社日立ハイテクノロジーズ
  • 株式会社日立プラントメカニクス
  • 眞鍋造機株式会社
  • 三浦工業株式会社
  • 三井化学株式会社
  • 三井造船株式会社
  • 三菱重工業株式会社
  • 三菱マヒンドラ農機株式会社
  • 三菱化学エンジニアリング株式会社
  • ヤンマー株式会社
  • ヤンマー建機株式会社
  • ヤンマー農機製造株式会社
  • 横浜ゴム株式会社

交通アクセス

〒743-0063 山口県光市島田6丁目2番20号

新幹線でお越しの場合
徳山駅下車~山陽本線上り乗車~光駅下車 光駅からタクシーで7分
※島田駅からタクシーで4分
徳山駅下車~タクシーで30分

お車でお越しの場合
山陽自動車道 熊毛インターチェンジから10分
山陽自動車道 徳山東インターチェンジから25分
TOPへ戻る