沿革

設 備
年 月
会 社
自動車用フューエルホース製造開始
昭和22年
山口県光市に藤井ブレーキ製作所として
藤井軒逸が会社創設
ブレーキホース製造開始
油圧用高圧ホース製造開始
昭和30年
有限会社として
冨士フレキシブルパイプ製作所に社名変更
昭和36年 1月
資本金200万円にて
冨士高圧フレキシブルホース(株)を設立
昭和42年 4月
横浜ゴム(株)のホース製造認定工場となる
昭和46年 8月
事業拡大に伴い、新工場を現在地の
光市島田6丁目2番20号に移転
パイプ製品の製造を始める
昭和48年 7月
横浜エイロクイップ(株)の
ホース製造認定工場となる
昭和49年 7月
資本金4,800万円に増資
高圧パイプ製品の製造を始める
昭和50年 4月
ホース製品の製造設備を増強
昭和52年 4月  
CNCパイプベンダー装置を導入
昭和58年 2月
高周波加熱装置を導入
昭和58年 4月
油圧式インパルス試験装置を導入
昭和59年12月
高周波加熱装置を増設
昭和62年 4月  
CNCパイプベンダー装置を増強
昭和62年 8月  
昭和63年 2月
創業者   藤井軒逸  会長に就任
            藤井逸夫  社長に就任
高圧パイプ製品の量産生産開始
昭和63年 9月
平成 元年 4月
厚生会館を建設
平成 2年11月
工作機械工場を増設
自動TIG溶接装置を導入
平成 3年 3月
平成 4年 7月
本館管理棟を増設
油圧式インパルス試験装置を増強
平成 5年 4月
自動TIG溶接装置を導入
自動工作加工機械の導入
平成 7年 2月
藤井勝 社長に就任
CNCパイプベンダー装置を増強
平成 7年 9月
自動TIG溶接装置を増強
平成 8年 5月
タイ国、トンチャイ社と高圧パイプの生産
技術供与をする
自動TIG溶接装置を増強
平成 8年 6月
横浜ハイデックス社のホース
製造認定工場となる
平成 9年 2月
タイ国、トンチャイ社と高圧パイプの生産開始
ホース外装ブレートマシンを増強
平成 9年 3月
ホース組立機械の増強
平成13年 3月
NC旋盤の増設
平成15年 1月
パイプ三次元計測装置を導入
平成15年 8月
平成15年 9月
品質マネジメントシステムISO9001認証取得
平成16年10月
中国無錫水登社設立の資本参加
平成18年12月
ホース組立専用工場を建設
平成20年 2月
藤井 勝 会長に就任
藤井 佑三社長に就任
平成21年 6月
中国四川成都成工工程に
高圧パイプ生産技術指導
平成24年 2月
環境マネジメントシステムISO14001認証取得
静電塗装設備導入
平成24年10月
平成25年 2月
労働安全衛生マネジメントシステム
OHSAS18001認証取得
CNC旋盤更新
平成26年
平成28年9月
インドIAI社と高圧パイプの生産技術供与をする
 
■コンポジットホース®>>化学産業をはじめ、石油・鉄鋼・機械 ・飲料など広く使用され、さらに陸運・海運業界でのオイル・ケミカル液化ガス の荷受用のホースなどでも使用されてます。「コンポジットホース®」は株式会社明治ゴム化成の登録商標です。
■FJF継手>> ソケットなどで上から締め付ける事が可能な継手です。取り付け工数と、ホース交換時等のメンテナンス工数が大幅に短縮されます。
■オイルクリーナー>> 極めて濾過性度の高い精密エレメントを使用しており一般フィルターでは除去不可能な領域の粒径をも除去可能です。油圧機器への磨耗劣化を最大限抑制します。