外部条件

技術情報項目

tc01.jpg
正しいホースアセンブリの選択 >>6:外部条件による選択
 
ホースアセンブリが実際に使用される際の外部条件は千差万別であり、ホースアセンブリの重大な影響を与える場合もあるので、ホースアセンブリの選択にあたって外部条件に対する検討が必要です。
液圧機器又は回路用として適正なホースアセンブリを選定しても、オゾン、薬品、磨耗、浸漬、外傷、取付けなどの外部条件に適合した対策を怠ると、ホースアセンブリの性能低下、耐用命数の短縮などの原因になります。
したがって、外部条件が特に厳しいと予想される場合には、予めホースアセンブリメーカと協議しなければなりません。
 

6-1耐候性

ホースアセンブリは、一般に屋外で使用されることも多いので、ホース外面層には耐候性のゴムを用いているが、激しい直射日光に さらされたり、オゾン濃度の高い場所で使用されるとオゾン劣化が生じるので、外面層に耐候性の特に優れたゴムを用いるなどの対策が必要です。
 

6-2耐触性

ホースアセンブリが海水にさらされているような場合、又は酸、アルカリなどの有害な化学薬品にさらされて使用する場合には、ホースアセンプリのホースや継手が侵されるので、外側を耐食性のすぐれた樹脂カバーで被覆するほか、継手の材質・表面処理などの検討が必要です。
 

6-3耐摩耗性

ホースアセンブリが舗装面などを引きずられて使用される場合、ホースの外面層が損傷するので、外面層に耐摩耗性の特にすぐれたゴムを 用いるか、又は外側を外装ブレード、保護スプリング及び樹脂カバー等で保護するなどの対策が必要です。
なお、鋼線製の外装ブレード、保護スプリングは外部からの衝撃、急激な摩擦などにより、火花を発生することがあるので、 火災発生の恐れのある場所では注意が必要です。
 

6-4外面層の耐油性

ホースアセンブリのホースの外面層は、通常耐油性のゴムが用いられているが、常時、油に浸されたり、油がかかる状態で使用される場合には、 外面層に耐油性に特にすぐれたゴムを用いるか、樹脂カバーで外側を被覆して保護するなどの対策が必要です。
 

6-5耐外傷性

ホースアセンブリが、切り屑や、岩石、土砂などにより外部から損傷を受ける恐れのある場合には、外側に外装ブレード又は 保護スプリングを取付けるなどの保護が必要です。
 
■コンポジットホース®>>化学産業をはじめ、石油・鉄鋼・機械 ・飲料など広く使用され、さらに陸運・海運業界でのオイル・ケミカル液化ガス の荷受用のホースなどでも使用されてます。「コンポジットホース®」は株式会社明治ゴム化成の登録商標です。
■FJF継手>> ソケットなどで上から締め付ける事が可能な継手です。取り付け工数と、ホース交換時等のメンテナンス工数が大幅に短縮されます。
■オイルクリーナー>> 極めて濾過性度の高い精密エレメントを使用しており一般フィルターでは除去不可能な領域の粒径をも除去可能です。油圧機器への磨耗劣化を最大限抑制します。