保管

ホースアセンブリの保管に際し、下記の各項に注意しなければなりません。

1:包装

ホースアセンブリの内部を清浄にして、キャップその他で保護し、ホースアセンブリの内部にちり、 ごみなどの異物が入らないようにする。
 

2:防錆処理

継手などの金属部は、めっきその他の防錆処理が施されているが、長期保管する場合は更に防錆油、 防錆紙などで適当な処置を施すことが望ましい。
 

3:保管場所

直射日光を避け-10℃~+40℃位の温度で、有害なガスのない乾燥した室内の場所を選び、油、薬品などが付着しないようにする。
 

4:保管状態

ホースアセンブリのホース、継手などに変形、損傷をあたえないようにする。
ホースアセンブリを置くときは、真っ直ぐな状態にして保管する。なお、巻いて置く場所は、規定の最小曲げ半径よりも大きく巻く事が望ましい。
ホースアセンブリの上に重量物を置かないようにする。また、ホースアセンブリを重ねるときは、包装を完全にした後、重いものを下にして置く。
 

5:使用順序

ホースアセンブリは製造年月日を確認し易いように置き、古いものから使用する。
 
■コンポジットホース®>>化学産業をはじめ、石油・鉄鋼・機械 ・飲料など広く使用され、さらに陸運・海運業界でのオイル・ケミカル液化ガス の荷受用のホースなどでも使用されてます。「コンポジットホース®」は株式会社明治ゴム化成の登録商標です。
■FJF継手>> ソケットなどで上から締め付ける事が可能な継手です。取り付け工数と、ホース交換時等のメンテナンス工数が大幅に短縮されます。
■オイルクリーナー>> 極めて濾過性度の高い精密エレメントを使用しており一般フィルターでは除去不可能な領域の粒径をも除去可能です。油圧機器への磨耗劣化を最大限抑制します。