フレアパイプの取扱い

①定トルクレンチで規定トルクを設定し、ロックして締付ける。
②フレアナット及びフレアパイプ部の内部は防塵しておき、異物及びチリ等の
付着進入を防止する。
③フレアナット、フレアパイプ部を軽く手締めし密着させ、定トルクレンチで
「カチッ」と音がするまで締付ける。片方はスパナで固定する。
④フレアパイプCompは、取付間において変形しないよう組付ける。
(無理をして組付けしない。両端を仮締めしてから一方を本締めする。)
注意点:(1)相手部品とラインずれが無い事。
(2)管理ポイントは、締付けトルク。
 
                        組み合わせ材料

適用管
フレア式
非鉄
4.76
13~18{133~184}
6~11{61~112}
6.35
16~23{163~235}
8~15{82~153}
8
29~39{296~398}
20~29{204~290}
10
39~49{398~500}
27~39{275~398}
12/12.7
59~78{602~795}
44~59{449~602}
15
69~93{704~948}
51~69{520~704}
N・m{kgf・cm}
 
表.締付けトルク(JASO F 402-90 解説参照)
 
■コンポジットホース®>>化学産業をはじめ、石油・鉄鋼・機械 ・飲料など広く使用され、さらに陸運・海運業界でのオイル・ケミカル液化ガス の荷受用のホースなどでも使用されてます。「コンポジットホース®」は株式会社明治ゴム化成の登録商標です。
■FJF継手>> ソケットなどで上から締め付ける事が可能な継手です。取り付け工数と、ホース交換時等のメンテナンス工数が大幅に短縮されます。
■オイルクリーナー>> 極めて濾過性度の高い精密エレメントを使用しており一般フィルターでは除去不可能な領域の粒径をも除去可能です。油圧機器への磨耗劣化を最大限抑制します。