FJF継手・FJFホース金具のご紹介

■狭い場所組付け解決策はないか?

20183
FJF継手の開発着手
狭い場所で組み付ける場合において何か有効な取付け方法はないか?
サイドからスパナで締付けるのではなく上から締付ける事はできないか?
※ソケットなどで上から締め込む為、省スペースでの作業ができる

■開発の経緯

pd_fjf02
・問題点… 従来、コントロールバルブやマニホールドなどのOリングポートにエルボ継手やベンド管を使用したホース口金等を取付け る際、ロックナットで固定している。 この作業はロックナットの締付けを狭い場所で横からスパナなどを用いていかなければならない為、端から順番に組み付 ける必要があり、部品交換をする際にも、端から順番に取り外す必要があり中間のものを取り外す場合など、作業性が非常に悪い。

■FJF継手の特長

①コントロールバルブやマニホールドのOリングポートにFJF継手を取付ける場合、まず手で軸を ねじ込み仮締めを行う。隣と干渉する事が無いので、全てのものを仮締めしておき、最後に方向性を決め、ソケット等でねじ込んでいく。
②中間のものを取り外す時も同様で、隣と干渉しないためソケットを六角部に差込み、外す事が可能。(省スペースで交換作業が出来る)
③通常のエルボ継手(アジャスタブルタイプ)と比較するとロックナットが無いため、取り付け時間が短縮される。

■FJF継手の構造

●FJF継手は締め付け時の方向性を自由に決める事ができます。
●従来のアドレス金具とは違い、締め付け後は完全に固定されOリングが擦り切れ油漏れを起こす事はありません。

■FJF継手の仕様

ホース金具タイプ
コネクタータイプ
サイズ
6、9、12
6、9、12
使用圧力
34.3[MPa]
34.3[MPa]
仕様等
NWP210,AX21等様々な
ホースに対応
(34.3[MPa]までのホース)
先端ネジ形状
管用平行オネジ内外シート(60°)
UNFオネジ外シート(74°)
Mネジ外シート(JASO規格84°)
※サイズ6は、使用圧力35.0[MPa]が使用可能です.

■FJF継手の仕様継手の仕様

圧力損失グラフ・ ISO VG32 油温17℃
gf-01

■FJFホースの使用実例

pd_fjf08
pd_fjf07

■使用箇所:小型クレーン/手動コントロールバルブ

従来の継手+ホースの組合せでは、工具が入りづらいため、操作用ハンドルを分解し、コントロールバルブに継手+ホースを取り付け、再度ハンドルを組み立てていた。
 
※詳細につきましては弊社販売部へお問合せ下さい
 
■コンポジットホース®>>化学産業をはじめ、石油・鉄鋼・機械 ・飲料など広く使用され、さらに陸運・海運業界でのオイル・ケミカル液化ガス の荷受用のホースなどでも使用されてます。「コンポジットホース®」は株式会社明治ゴム化成の登録商標です。
■FJF継手>> ソケットなどで上から締め付ける事が可能な継手です。取り付け工数と、ホース交換時等のメンテナンス工数が大幅に短縮されます。
■オイルクリーナー>> 極めて濾過性度の高い精密エレメントを使用しており一般フィルターでは除去不可能な領域の粒径をも除去可能です。油圧機器への磨耗劣化を最大限抑制します。